自己破産・費用.com

差し押さえ解除法は?※自己破産で止める

生活をしていく上でのお金はあるけど債務を返すのは難しく、債務整理をするしかないとなった場合は、その状態でずっと放置するのではなく、早めに自己破産などの対処を取った方がいいでしょう。というのは、放置をしていると裁判を起こされて財産を差し押さえられてしまう可能性があるからです。
貸金業者は、返済をしてこなくなった債務者に対して一定の調査を行います。もしその調査で、家や車など処分すればお金になるものがあるとわかれば、裁判を起こしてくる可能性が高くなります。
裁判では、これからは毎月一定額の返済を行うという条件で和解をすることも可能ですが、和解というのは裁判官が判決として命じるものではなく、原告、つまり債権者が応じた場合にのみ、行われることです。なので、差し押さえられるのを避けるために、これからは毎月返済すると裁判で言ったとしても、債権者があくまでも一括の返済を求めるので和解は出来ないと答えたら、裁判所は原告の訴えをすべて認めて終わります。そうなれば、債務名義を取られてしまうので、いつ差し押さえをされてもおかしくないという状況になってしまうのです。なので、そうなる前に自己破産をした方がいいのです。
自己破産をすれば、権利としてそのまま持ち続けられる財産については差し押さえられることはありません。銀行の口座にあるお金も決められた額までであれば取られてることはありません。もし、自己破産をせずに債務名義を取られて口座の差し押さえをされてしまったら、預金額がいくらであっても決められた割合の現金を債権者に徴収されてしまいます。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法