自己破産・費用.com

自己破産の際の通帳提出の注意点は? ※不利にならないために

消費者金融からたくさんの借金をしてしまい、借金を返済することができなくなった場合には自己破産をすることによって借金を免除してもらうことになります。そして自己破産をするためには申立をした人が支払い不能の状態にある必要があります。そのため自己破産の申立を受け付けた裁判所は申立をする人にいろいろな資料を提出させることによってその人が支払い不能の状態にあるのかどうか判断することになります。

そして自己破産を申し立てるときに提出する書類はいろいろな種類がありますが、その中でも支払い不能の状態を判断するにおいて重要な書類は通帳です。なぜなら通帳にはいろいろなお金のやり取りの記録が記載されているので、その人の現在の生活の状況をかなり把握することができるからです。特に財産をほとんど所有していない人の自己破産手続きに選択される同時廃止をするにおいて、裁判所は一つの見落としもないようにしっかり調査するので、明確な状態にして通帳を裁判所に提出する必要があります。

それから自己破産をする場合に提出する通帳はすべての通帳を提出するようにしましょう。なぜなら一部の通帳を提出しないで申し立てた場合に後で発覚すると自己破産の手続きにおいて自分が不利な扱いを受けてしまう可能性があるからです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法