自己破産・費用.com

自己破産の手続きの仕方は?※流れをチェック

自己破産の手続きをする際には、自己破産申立書の作成や申立書に添付する必要書類の収集が必要になります。
また、申立書の作成や必要書類以外にも、借金の残高など債務に関わる情報もしっかりと用意しておくようにします。
自己破産の手続きをする際には、これらの書類をすべて揃えて、次のようなおおまかな流れに従って手続きを進めます。
申立書や書類に不備などがなく、裁判所に申し立てを受け付けてもらった時点で手続きの流れの大部分は終了したことになります。
まず、申立人の住所地を管轄する地方裁判所に、自己破産の申立書を提出します。
この時点で、裁判所の書記官から書類の内容のチェックを受けることになります。
内容に不備がないか、自己破産の要件は満たしているか、免責不許可事由はないかなどを、細かくチェックされます。
特に申し立て内容に問題がなければ、申し立ては受け付けられます。
それから約1か月ほどで、裁判所から出頭を求められます。
その時に、申し立てした内容について、裁判官から支払不能になった状況などについての質問を受けることになります。
その数日後に破産の決定がなされます。
また、破産者にめぼしい財産がない場合は、同時廃止の決定もされます。
それから約2週間で官報に公告され、さらに約2週間で破産の確定となります。
破産の確定から約1か月後に裁判官から免責不許可事由について質問を受けます。
その後1か月以上の債権者の異議申し立て期間を経て、免責の決定となります。
それから約2週間で官報に公告され、さらに約2週間で免責の確定・復権となります。
これらの流れを経て、借金が帳消しになります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法