自己破産・費用.com

親が自己破産!子供への影響は? ※家族が心配な方は必見

親が自己破産をしても、その子どもや家族に影響が出ることは原則的にはありません。
自己破産をした本人にしか効力はないためです。
ですが例外としてこのようなことはあります。
私の大学時代からの友人は、父親の事業が破綻してしまった際に父親の事業の連帯保証人になっていたがために
30代前半にして自己破産を申請したそうです。
彼は連帯保証人ではあったけど当時実家からは独立して住んでいたし、他の職業も持っていたのですが、
彼曰く「自己破産後の生活も全然フツーだよ」とのこと。職場も今まで通りだそうです。
実は私自身も彼が自己破産者だとは言われるまで全く分かりませんでした。
彼の場合は父親と一緒に自己破産宣告をしたため、父親の顧問弁護士に
法的処置一切合切をお任せしたことと、持ち家ではなかったこと、元々大した財産を持っていなかったこと、独身であったこと
などから、破産前と破産後の暮らしに変化がなかったのか大きいのだろう、と思っていましたがその話を別の大学の友人にしたところ
「でも別に他の自己破産の人もそんな感じで地道に暮らしているよ」と言っていたので驚きました。
自己破産って生活に必要なものまで一切合切取り上げるようなことはないから、
本当にどん底になる前に自己破産を宣言するほうが受けるダメージが遙かに小さいそうです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法