自己破産・費用.com

自己破産後ローンはいつから組めるの?

 

自己破産をする上で気になるのが
「今後ローンを組めなくなるのでは」ということです。

 

5年間は無理、いや10年間たっても無理だ、
自分は4年後に住宅ローンを組めた、
などネット上でも情報が錯綜しています。

 

実際はどの情報が正しいのでしょうか。

 

ローンを申し込むと金融機関は信用情報機関に問い合わせを行い、
信用情報の参照を行います。

 

この信用情報機関は主に3つあり、

 

「株式会社日本信用情報機構」、
「株式会社シー・アイ・シー」、
「全国銀行個人信用情報センター」

 

がそれに該当します。

 

このうち、「株式会社日本信用情報機構」、「株式会社シー・アイ・シー」は
信用情報を5年間保持しますので、
5年以内は金融機関に自己破産の事実が知られてしまいます。

 

さらに「全国銀行個人信用情報センター」は、
自己破産と個人再生の情報を10年間保持するとされています。
よって、こちらへの照会に関しては、
自己破産後10年間は自己破産の事実が伝わることになります。

 

ただ、金融機関は自己破産の事実だけで判断するのではなく、
本人の収入や職業を総合的に判断してローンの審査を行います。

 

非常に稀なケースではあるものの、
過去に自己破産をして5年以内でも状況次第では
ローンを組むことが可能な場合があります。

 

自己破産をしたいけれどその後のローンが心配だという方は、
法律事務所の無料相談を利用して、
一度プロの意見を聞いてみることをおすすめします。

 

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法