自己破産・費用.com

自己破産にはどの程度の期間が必要か?

自己破産というのは、破産宣告をすれば、それで借金の返済義務がなくなると簡単に考える人も少なくないでしょう。
ですが、その手続きにかかる期間は早くて3ヶ月から4ヶ月、場合によっては1年程度かかる事も珍しくありません。
手続きに必要な期間は、財産があるかないかによって大きく変わる事になります。
自己破産の場合、家や車など、財産があれば、処分をし、処分で得た金額を、債権者に平等に分配していきます。
そして、それでも返済しきれない借入金に対して、免責許可を求めていく事になります。
処分する財産がある場合、半年から1年程度の期間が必要となってきます。
それに対して、処分する財産がない場合は、3ヶ月から4ヶ月程度で手続きが終わる事が一般的です。
手続きに時間がかかるという事は、その間も返済に追われる生活をするのではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、自己破産の申し立てをした時点で、業者は取立てを行う事ができなくなります。
ですから、期間がかかったとしても、その間、取立てに悩まされる事なく、落ち着いて結果を待つ事ができます。
ただ、手続きを行い結果を待っている間、免責許可が出た後の生活について、しっかりと考えておく事が大切になります。
借金の返済義務がなくなれば、後はなんとかなると簡単に考える人もいますが、必要最低限の現金、預金から生活を立て直していく事になる為、破産宣告を行う前よりも、更に計画的な生活を心がける事が大切です。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法