自己破産・費用.com

自己破産後に携帯電話を買う時の注意点

借金が増え、返済が難しくなった時に行う方法の一つが、自己破産です。
家や車、99万円を超える現金や20万円を超える預金など、財産や資産を処分し、現在残っている借金の返済に充て、それでも返済ができない分を免除して貰うという制度です。
財産などは失う事になる他、信用情報に傷がつきクレジットカードが作れない、ローンが組めないなどの様々なデメリットがある方法ですが、自己破産を宣告後は、借金の返済に悩まされる事がなくなります。
この自己破産をする際、気をつけておきたい事の一つに、携帯電話の扱いがあります。
借金の返済が滞納している人の中には、携帯料金の支払いが滞納しているという人も珍しくありません。
この場合、申請をすれば、携帯料金の滞納分も免除をして貰う事が可能になります。
ただ、気安く免除という選択を選ぶのはお勧めできません。
滞納分の免除をして貰うと、その携帯電話は解約する事になります。
解約をしても、またすぐに契約をすれば良いと考える人は少なくありませんが、免除を受けた場合、全ての携帯電話会社で新規契約ができなくなってしまいます。
一生できない訳ではありませんが、少しでも早く契約をしたいと考えた場合、免除した分を返済するという方法もありますが、返済までの時間が長ければ、多くの利息がかかる事になります。
自己破産の際、携帯電話料の滞納があれば、その分に関して免除も可能ですが、携帯電話自体が使えなくなる為、免除はお勧めできません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法