自己破産・費用.com

自己破産後は借入できる?いつから可能?

 

自己破産を申立て、破産手続き開始決定を受けた時点で破産者となります。

 

自己破産を行った後は、
借入が出来ないと言う事を理解している方は非常に多いのです。

 

自己破産後に初めて借入が出来なくなるのかというとそういうわけではなく、
返済を滞納している場合はその時点で信用情報に遅延の情報が登録されるので
自己破産前であっても新規借入契約や追加融資を結ぶ事は困難になります。

 

自己破産を成立させた時点で、
信用情報機関に自己破産を行ったという情報が登録されます。

 

登録された日からおおよそ7年間~10年間の間は、
一般的な消費者金融や銀行から借入れる事は出来なくなってしまいます。

 

稀に信用情報の事故情報に関係なく、
車などを担保にして貸付を行ないます、などといった
一見、親切に見える消費者金融などもあります。

 

ですが、そういったところの安全性は確保されていませんし
ヤミ金との繋がりがある可能性なども否定は出来ませんから、
自己破産後7にお金が必要になった場合でも
そういった所から借入れる事だけは避けるようにしましょう。

 

一般的な消費者金融や銀行の場合
7年間~10年間の間は、カード発行の時点で落とされてしまいます。

 

その際に虚偽の申告をしたとしても、
信用情報を確認してしまえば一目瞭然なわけですから、
一定の期間が経過し、事故情報が抹消されるのを待つべきであります。

 

自己破産に関するおすすめ無料相談を
自己破産・費用.com」のページでご紹介しているのでぜひご利用ください。

 

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法