自己破産・費用.com

≪注意≫自己破産には時効があります

返済不能な借金に対する解決法として、多くの債務者が目指すものに時効があります。
確かに借金には消滅時効というものがあり、借りた相手によって5年、あるいは10年経過することで時効になると定められていますが、単純にこの期間が経過すれば成立するというものではありません。
時効とは、あくまでも債権者が権利を行使しない場合に認められるものである為、裁判上の請求を行うなど何らかの権利行使のアクションを起こすことで、この成立を阻止することができます。
よって、現実問題として借金の消滅時効を成立させることは困難で、いざ期間が経過して援用しようとしても、実際には中断されていて成立していないケースが多いのです。
5年といった長期間、督促のストレスに耐えながら無視を続け、その結果成立しなかったでは、時間が無駄なだけでなく、多方面に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。
そういった事情から、借金問題の解決の為には可能性の薄い時効を狙うよりも、自己破産を行う方が合理的な選択であると言えます。
自己破産を行うと、7年や10年といった期間、金融業界からブラックリスト扱いとなってしまうペナルティはありますが、それでも債務が全て免責されるというのは何ものにも代え難いメリットですし、どれだけ大きな借金を抱えていてもやり直すことが可能です。
借金の解決策として時効を狙っている場合には、自己破産の選択も含めて弁護士に相談してみるのがおすすめです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法