自己破産・費用.com

自己破産したら学資保険も解約? ※解約せずに済む条件とは?

自己破産をした場合、現在加入している保険がどうなるかは重大な関心事項です。
特に子どもの将来のために積み立てている学資保険を解約しなければならないかどうかは気になるところでしょう。

解約払戻金が20万円を超える場合は、原則として保険は解約しなければいけません。
これは学資保険でも同様です。
子どもの名義であっても、財産は実質的な所有者で判断されます。
子どもが自分の力で学資保険の保険料を支払うのは無理なので、おそらくほとんどの場合は親の財産と認定されるでしょう。

ただし、学資保険を担保にお金を借りる契約者貸付制度を利用すれば解約せずに済む場合があります。
自己破産では99万円を超えない現金は手元に残すことができます。
そして解約払戻金の支払いは、支払われる額から借りた額を引いたものが支払われます。
よって前もってお金を借りておき、支払額が20万円以下であるように調整しておけば、学資保険を処分の対象から外すことが可能です。
自己破産の直前に借りるのはできるだけ避けたほうが良いですが、数十万なら当面の生活費として認定されるので、財産の隠匿行為にはならず、免責許可が下りないという事態にはならないでしょう。

このように金額に上限はありますが、学資保険を解約せずに残しておく方法もあるのです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法