自己破産・費用.com

自己破産するとクレジットカードは持てない?

やむを得ず自己破産をしてしまった時に気がかりなことはクレジットカードなどの一部金融商品が使えなくなるのではないか、という事です。
実際に自己破産したという情報は社会に数年間は残りますので、クレジットカードを作り難くなることは確かです。
銀行からの信用も失っているため、クレジットカードだけでなく、ローンなども組み難くなってしまいます。
しかし、自己破産した人の全てが金輪際クレジットカードを作ることが出来なかったり、ローンを組めなかったりするわけではありません。
先ほど自己破産の情報が社会で共有されている、と書きました。
逆に言えばこの情報を参照していない会社のクレジットカードなら作ることが可能だ、ということを意味しているのです。
つまり、自己破産した人がもう一度クレジットカードを作るにはまず会社選びが重要になってきます。
どういった会社なら作ることが可能か、と言いますと、日本よりも海外の会社の方が作ることが出来る可能性が高くなります。
なぜなら海外の会社は自己破産の情報を共有していない可能性が高いからです。
加えて日本の金融機関では収入が安定していることが何よりも重要になってくるのですが、海外の会社の場合はより総合的に、つまりは今現在の収入などを審査してクレジットカードを発行する会社も多いのです。
ですので、一度自己破産してしまっても、今現在の収入が多かったり、安定していたりすれば作ることが可能なのです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法