自己破産・費用.com

自己破産の着手金の相場は?安いのは?

自己破産の手続きを全て自分で行うならば、予納金・収入印紙代・郵便切手を合わせても2万円ほどで済みます。元々お金がないから自己破産するのですから、弁護士に依頼することはできないと考える人も多いようです。
手続きを専門家に依頼する場合、弁護士に頼むか司法書士に頼むから費用が違ってきます。弁護士は、着手金と実費に報酬金がプラスされます。司法書士の場合は大体実費と報酬金のみです。
自己破産をするような経済状況では、着手金も払えないということが少なくありません。探してみると、中には着手金無料で動いてくれるところもありますし、着手金の一部でも支払えば手続きを開始してくれるところもあります。弁護士が債権者に受任通知を送付すれば、その時点で督促はストップします。その後は、取引履歴を請求して破産申し立ての流れになります。着手金を支払ってすぐに手続きとはなりませんので、急いでいる時には早急に依頼する必要があります。
弁護士に依頼する場合は、親身になって話を聞いてくれて、費用的にも良心的なところを探すべきです。同じ手続きを行う際にも、事務所によって支払う報酬に大きな差が出ます。着手金を全額払わないと動いてくれないようなところや、他の事務所と比べると法外な金額を請求しているところは、良い事務所とは言えません。情報を集めて自分なりに比較してみれば、利用者の気持ちに寄り添って解決へと導いてくれる良い事務所が必ず見つかるはずです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法